ゲップが出ない 病気 サイン

ゲップが出ないのは何かの病気のサインですか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、ゲップが出ないのは何かの病気のサインですか?というテーマでお話ししていきたいと思います。
皆さんは、ゲップとは何なのかご存知でしょうか?
ゲップは、体の中に溜まったガスや空気が口腔や食道を通って体の外に排出される現象を指します。
ゲップが出やすくなる原因は色々とあります。
主な原因としては、
1.食事の際に、早食いしたために、空気も飲み込んでしまった。
2.ビールや炭酸飲料を飲んだ。
3.胃の調子が悪い。
4.ストレス等で緊張状態が続いている。そのため、頻繁につばを飲み込んでしまう。
5.水泳の際に、空気を飲み込んでしまう。
などが挙げられます。
ですので、ゲップがある程度出るのは致し方ないことと言えますが、ゲップが出すぎてしまったり、逆に全然ゲップが出ないのは、ご本人にとって辛いものです。
このゲップが出ないのには、病気が原因していると言われています。

スポンサーリンク

主なる病気は次の通りです。
慢性胃炎→ピロリ菌の感染による。
過敏性腸症候群→ストレスの影響によって腸の働きに異常が出てしまう疾患。
胃下垂→胃の位置が下がるため、胃の働きが低下する疾患。
腸閉塞→腸に食べたものが詰まってしまう疾患。
このようにゲップが出ない場合は、病気を発症している可能性が高いのです。

 

それでは、これらの病気を予防や解決するにはどうしたらいいのでしょうか?
ゲップと関連性がある病気は食べ過ぎ、飲み過ぎや早食い、また不規則な生活が要因とされています。
多くの量の食べ物を一気に胃に送ると胃の働きが低下して食べ物をよく消化できなくなります。
そしてその結果、胃の止まっている時間が長くなるので、ガスが発生し、ゲップが出てしまうのです。
また、早食いをすることで、余分の空気を飲み込んでしまったり、不規則な生活が原因で、胃の働きが低下する場合があります。
そうすると、お腹が張った状態になってゲップが頻繁に出るようになります。
ですので、ゲップと関連性がある病気を防ぐには、日頃から、早食い、食べ過ぎ、飲み過ぎを避けて、規則正しい生活をおくることが何よりも大事です。
また、趣味に没頭したり、運動をすることでストレス発散をすることも、忘れないようにしましょう。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク