ゲップが多い 病気 種類

ゲップが多い病気の種類

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、ゲップが多い病気の種類というテーマでお話ししていきたいと思います。
ゲップはどうして起こるのかご存じですか?
ゲップは体内に溜まったガスや空気が口から体外に排出される現象です。
ゲップが出やすくなる原因には、早食いをした、炭酸飲料やビールを飲んだ、胃の調子が良くない、普段からストレスを抱えているなどが挙げられます。
ですので、このような原因を取り除くように努力していけばいいのですが、それでもゲップが多い場合があります。
その場合は、病気が原因でゲップを発生している可能性があります。
ここではどのような病気がゲップを引き起こすのかを見ていきましょう。
・逆流性食道炎
この逆流性食道炎は、胃酸が食道に逆流したために、食道に炎症を起こす病気です。
症状は、呑酸、胸焼け、咳、喘息、吐き気、ゲップが出そうででないなどです。
この病気は、ストレスを抱えている人や肥満のひと、油っぽいものを良く食べる人が、かかりやすいです。
・胃潰瘍や十二指腸潰瘍
胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、ピロリ菌や胃酸、非ステロイド性抗炎症薬によって、十二指腸や胃の粘膜が傷つけられ、粘膜の一部がなくなってしまう病気です。
症状は、胸焼けや上腹部の痛み、膨満感などです。
ストレスを抱えている人や喫煙者、不規則な生活をしている人に起こりやすい疾患です。

スポンサーリンク

・慢性胃炎
慢性胃炎は胃の粘膜に炎症を起こす疾患です。
胃もたれや食後の腹痛、食欲不振、胸焼け、吐き気、胃に不快感などを感じます。
過度の喫煙や飲酒を繰り返す、ピロリ菌への感染や加齢による胃の老化が原因とされています。
・胃がん
胃の粘膜内の細胞が、がん細胞になる病気です。
胃の痛みや不快感、胸焼け、吐き気、食欲不振などの症状が現れます。
喫煙や塩分の多い食品の摂取、野菜や果物の摂取不足、ピロリ菌への感染が原因とされています。

 

これらがゲップが多い病気の種類一覧ですが、ゲップが多く、おかしいなと思ったら、すぐに医療機関にて調べてもらうことが大事になります。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク