食後 ゲップ

食後にゲップがよく出るのは、どうしてですか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、食後にゲップがよく出るのは、どうしてですか?というテーマでお話ししていきたいと思います。
美味しいお食事をした後に、出てしまうゲップ。
なんとか、一緒にいる人に不快にならないように、気をつけますが、時として、思わず出そうになって、困ってしまう方もいらっしゃると思います。
どうして食後にはゲップが出るのでしょうか?
お食事をすると、胃には空気も一緒に取り入れられます。
ですが、胃に入りきれる空気の量は決まっているので、余分に取り入れた空気は口から外に排出されるのです。
この口から排出された空気がゲップなのです。
ですので、生きている以上、ゲップが出るのは、人間の身体の自然な現象なのですが、それでも人前では、恥ずかしいものです。
ですが、身体が出そうとするゲップを我慢して、出さないでいるのも、身体には良くありません。

スポンサーリンク

我慢するよりも、大事なのは、
・よく噛んで食べる。
・ゆっくりと時間を掛けて食べる。
・日頃から消化の良い物を食べるようにする。
・話しながら、お食事をしないようにする。
などです。
これらの点に気をつけて、お食事をされると、ゲップを減らすことが出来ます。
ですが、このようなことに気をつけて、日頃からお食事をされていても、げっぷがよく出るのでしたら、何かの病気にかかっている可能性も考えられます。
特に、ゲップや胃痛があり、吐き気も伴っている場合は、幽門狭窄症という病気が考えられます。
この幽門狭窄症とは、胃の出口が狭くなり、そのため、胃の内容物が腸へ移動されにくくなるので、不快感が現れる疾患です。
原因には、十二指腸潰瘍、胃がんなどの疾患、胃の運動機能の低下、外部臓器の圧迫などが考えられます。
いずれの場合にせよ、上に挙げたような症状を伴い、身体に異変を感じたら、直ちに医療機関にて診察を受け、調べてもらうことが大切です。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク