ゲップが止まらない 子供

子供のゲップが止まらない場合、どう対処したらいいですか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、子供のゲップが止まらない場合、どう対処したらいいですか?というテーマでお話ししていきたいと思います。
小さいお子さんが、ゲップばかりしている。
以前は、食後のみにしていたが、最近は、食事と関係なく、ひっきりなしにゲップが出る。
本人も空気が身体にあるから、出したいと言っている。
ご自分のお子さんが、このような状態でしたら、とても心配になると思います。

 

皆さんは、ゲップはどうして発生するかご存知ですか?
ゲップは胃の中に溜められた空気が食道を通って口から出されるものです。
普通、人の胃には、ある程度の空気が入っているのですが、飲み物を飲んだり、食事をすると更に空気が入ってきます。
ですので、胃の中の空気がある程度、溜まるとゲップとして外に排出されるのです。
試しに、空気を飲み込んでみてください。
ゲップを外に出すことが出来ます。

スポンサーリンク

新生児の場合ですと、ミルクを飲ませた後は、ゲップをさせることが大切です。
何故なら、新生児は、ミルクと一緒に空気を飲み込むので、必要ない空気を出して上げることが大事だからです。
ゲップを出してあげないでいると、飲み込んだ空気とミルクで胃の中が張ってしまい、ミルクを吐いてしまうからです。

 

今回のお子さんのゲップが止まらない症状には、呑気症が原因となっている可能性があります。
呑気症とは、食事の時以外にも、何らかの理由で大量の空気を飲み込むために、身体の中に空気が溜まり、ゲップや胸焼け、上腹部痛などが現れる症状です。
会話をしている時にも、空気を飲み込む癖があると考えられます。
この場合、お子さんの心的状態にストレスがかかっている可能性があります。
ですので、日頃から、お子さんにストレスがないかどうか、一緒になって考え、お食事をする際には、ゆっくりとよく噛んで召し上がるように対処していってください。
叱りすぎや注意のしすぎもお子さんのストレスになりますので、気をつけてくださいね。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク