臨月 胸焼け ゲップ

臨月に起こる胸焼けやゲップを予防するには?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、臨月に起こる胸焼けやゲップを予防するには?というテーマでお話していきたいと思います。
妊婦の方にとって、妊娠初期に現れるつわりの症状は辛いものですよね。
私も子供がいるので、良く分かります。
でも、その時期をすぎる頃には、つわりも少しずつ落ちついてきます。
そして、妊娠後期になって臨月になると、今度は、胸焼けやゲップがたくさん出るようになります。
食事中や食後にこのような症状が出ることが多く、食欲を失くしてしまう方も中にはいらっしゃると思います。
この症状は、臨月の方に良く見られることなのです。

スポンサーリンク

胎児が大きくなると必然的に胃が圧迫されるようになり、食べたものがよく消化されないことが起こります。
また、ホルモンも変化するので、自律神経のバランスが崩れ、胃腸の機能が弱ってしまうこともあります。
こういう時に、横になってしまう方もいらっしゃると思いますが、食後にすぐに横になると逆流性食道炎を発症する可能性があります。
妊娠中に、このような疾患にかかってしまうと、辛いですので、お食事後にはすぐに横にならずに座って上半身を起こしておくようにしましょう。
それと、一度に多くの量を食べてしまうと胃腸に負担がかかりますから、お食事の量は少量に分けて、少しずつ食べるようにしましょう。
また、消化のよい食材を選ぶようにし、就寝前に食べることは、胸焼けやゲップの原因になりますので、避けるようにしましょう。
このように、日頃から、生活態度に気をつけて行けば、臨月に起こる胸焼けやゲップを予防することもできます。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク