食後 ゲップが止まらない

食後にゲップが止まらない原因とは

スポンサーリンク

食後に起こるゲップが止まらない原因としてまず考えられるのは、食事と一緒に体内へ取り込んでしまった空気によるゲップです。
人は自然と食べ物や飲み物と一緒に空気も飲み込んでいます。
その量が多ければゲップの回数も増えてきます。
ゲップの回数が多い人はストレスで胃腸が弱っている場合があるのでストレスを溜め込まないことが症状の緩和に繋がります。
また、日常的に口呼吸の人も空気を体内に多く取り込む原因となりますので、なるべく鼻で呼吸をするよう意識しましょう。
この様にゲップが単なる空気の取り込み過ぎならば病気の心配はありませんが、重大な病気に繋がっているケースもあります。
その見分ける方法の一つとしてゲップの臭いがあります。
ゲップがほぼ無臭の場合、先ほど説明した食事と一緒に空気を取り入れていることが殆どなのでほぼ場合心配は要りません。
また、ゲップが出る前や最中に食べていたものの臭いがする場合も同じですので心配は要らないでしょう。

スポンサーリンク

ただし、ゲップの他にも胸焼けや胃の不快感がある場合は胃や腸の病気が隠れていることもあるので注意が必要です。
又、ゲップと一緒に酸っぱい物が込み上げて来たりする場合は逆流性食道炎の可能性があります。
これは胃液の逆流を防ぐ蓋のような臓器が炎症を起こして機能しなくなってしまう為起こる症状で胸焼けや胃もたれなどの症状も同時にみられることが多いです。
次にゲップがおならの様な臭いがする場合、胃だけではなく腸の不調も考えられます。
慢性胃炎や便秘になっている人に多い症状です。
ゲップの他にも息自体がおならの様な臭いがしたり、吐き気や腹痛がある場合は腸閉塞の可能性もあるので医療機関を受診しましょう。
また、食後以外にもゲップが頻繁に出る場合は臭いなどに限らず胃がんの可能性もありますので、不安な方は医療機関を受診することをお勧めします。
このようにゲップでも重大な病気が隠れている場合があります。
単なるゲップだと思わず、違和感があったら医師に相談しましょう。

スポンサーリンク