ゲップが止まらない 薬

ゲップが止まらない時に飲む薬

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、ゲップが止まらない時に飲む薬というテーマでお話をしていきたいと思います。
皆さんは、ゲップがどうして出るのか、ご存じですか?
ゲップは、体内に溜まったガスや空気が食道、口腔を経て身体の外に排出される現象です。
人は、食事をする際に、空気も一緒に飲み込んでいます。
だから、ある程度、空気が体内に溜まったら、自然とゲップが出てきます。
この排泄がうまく行っている間は、問題ありませんが、胃腸の働きが弱くなり、消化が悪くなり、食後、胃に長いこと食べ物が溜まっていると、そこから更にガスが発生します。
ですので、水分を補給したり、食後に軽い運動をすることが大事にです。

スポンサーリンク

ところが、そうやって努力してみても、改善されない場合があります。
そういう場合は、胃腸の働きを良くする消化剤を内服される事をお勧めします。
代表的な薬には、ガスモチンやプリンペランがあります。
ガスモチンは、慢性胃炎に伴う胸焼けや嘔吐等の消化器症状を改善します。
成人の場合、1日15mgを食前か食後に3回に分けて内服します。
プリンペランも消化器機能異常治療薬で、嘔吐、食欲不振、腹部膨満感を感じる場合、つまり、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胆のう・胆道疾患など様々な症状に効果があります。
1日10〜30mgを2〜3回に分けて内服します。
小児の場合には、処方医の指示に従ってください。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク