胃痛 げっぷ おなら

胃痛があって、げっぷ、おならがよく出る症状の原因

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「胃痛があって、げっぷ、おならがよく出る症状の原因」というテーマでお話をしていきたいと思います。
げっぷやおならは、食べ物を食べた後、腸内に発生したガスが、体外に排出される現象です。
特に特におならの臭いは、食べた物によって変わります。
また、食生活や病気が原因でガスが体内に溜まりやすくなったり、ガスが排出される回数が多くなったりします。
それでは、何が原因でガスが排出されるのか、具体的に説明していきましょう。
1.繊維質の多い食事をした場合
イモ類や豆類などの繊維質が多い食べ物を摂取すると腸内ガスが発生しやすくなります。
この場合、病気にかかっているわけではないので、気になる場合は、これらの食品を食べる量を減らすようにしましょう。

スポンサーリンク

2.肉類など臭いの強い食品を摂取した場合
肉類や臭いの強い食品を摂取すると、腸内でアンモニアや硫化水素が合成され、臭いがきついガスが出ます。
3.便秘により腸内にガスが溜まる場合
便秘を経験された方なら、既にご存知のことですが、便秘になると、便とガスが腸内に溜まるため、おならやげっぷを頻発してしまいます。
この場合、腸で発酵されたガスは、強い臭いがします。
4.ストレスが原因で、ガスが増える場合
職場などでストレスを感じると経験したこともあるかもしれませんが、精神的にストレスを感じると、無意識につばを飲み込むようになります。
そうすると、空気が一緒に体内に取り込まれるので、腸にガスがたまってしまい、おならやげっぷが出る原因になります。
5.病気が原因でガスが出る場合
過敏性腸症候群、慢性胃炎や大腸がんなど、腸にガスが溜まりやすい病気にかかるとガスがよく出るようになります。
ですので、普段から、げっぷやおならが出る原因が何なのか、今一度、ここで自分の生活習慣を見直してみましょう。
そうすることで、原因を特定でき、適した対処も出来るようになります。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク