ゲップを出す方法

ゲップを出す方法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「ゲップを出す方法」というテーマでお話をしていきたいと思います。
ゲップは、生きている限り、誰にもでも起こる現象です。
ところが、ゲップが全然出なくなる時があります。
そうなると、胃に空気が溜まった感じで、気持ち悪くなりますよね。
その原因は、呑気症、別名、空気嚥下症にかかっているためと思われます。
この呑気症になるのは、ストレスが要因とされています。
呑気症は、20代から50代の女性に多く見られる症状です。
人は、唾液を飲み込む時に、空気も飲み込んでいるのですが、ストレスが多いと、無意識につばを飲み込む回数が増えるのです。
その結果、胃に通常の3倍もの空気が溜まってしまい、胃に不快感を感じたり、お腹が張る、ゲップやおならが出る等の症状が現れます。
また、人によっては、ゲップが出せなくなり、吐き気や食欲不振などに陥ることもあります。
他にも、呑気症になる原因には、早食いや食べ物を飲み込む癖がある、歯を噛みしめる癖がある、鼻呼吸より口呼吸をする癖がある等が挙げられます。
ですので、これらを改善させていけば、ゲップも自然とまた出てくるようになります。
一応、ここでまとめてみますね。

スポンサーリンク

1.緊張や不安等のストレスを取り除く。
上にも挙げましたように、呑気症は、ストレスが原因な場合が多いですから、不安や緊張等があったら、それらを解決するようにストレス解消に努めましょう。
また、ゲップが出ないことが、新たにストレスになることも良くないので、深呼吸をしたり、お茶を飲むなど、自分でストレス解消法を見つけておくといいですね。
2.ゆっくりと食べる。
早食いして、食べ物を飲み込む癖があると、呑気症になりますので、普段から、お食事は時間をかけてゆっくりとよく噛んで食べるようにしましょう。
また、揚げ物などの油っこい物や香辛料も悪化させる原因となりますので、避けるようにしてください。
3.睡眠時間を十分に取る。
上にも書きましたが、呑気症はストレスが原因の場合が大半ですので、十分に休息と睡眠を取って、その日の疲れを取ることが大事になります。
4.考え過ぎないようにする。
呑気症は、本人にとっては深刻な症状ですが、命に関わるような疾患ではありません。
普段から、自分の趣味やストレス解消に運動をするなどして、考え過ぎないようにしましょう。
楽しく過ごしていたら、知らないうちに治っていたというケースがよくあります。

スポンサーリンク