ゲップ 止める

ゲップを止めるにはどうしたらいいですか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「ゲップを止めるにはどうしたらいいですか?」というテーマでお話をしていきたいと思います。
皆さんは、お食事をする際に、空気も一緒に飲み込んでいる事をご存知ですか?
このようにして体内に、空気がある一定量溜まると、ゲップとして排出されます。
また、食べ物を食べた後、腸内で発生したガスが、やはりゲップとして、排出されるのです。
だから、生きている限り、ゲップが出るのは、自然な現象と言えます。
ところが、ゲップが頻繁に出てしまうと、どうしてだろうと悩んでしまう方も中にはいらっしゃると思います。
これは多量の空気を飲み込んでしまうために、胃に空気が大量に溜まり、そのためにゲップが多発してしまうのです。
どうして空気を多量に飲み込んでしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

恐らくこの場合、呑気症になっている可能性があります。
この呑気症は、別名、空気嚥下症とも呼ばれ、20代から50代の女性に多く見られます。
唾液を飲む時に空気も飲み込むのですが、人は、緊張したり、過度にストレスを感じると無意識に何度もつばを飲み込んでしまうです。
その結果、胃に通常の倍以上の空気が溜まり、ゲップが何度も出るような症状が現れます。
また、ストレスがかかると歯を噛みしめる癖がある方は、かみしめ呑気症候群にもなりがちです。
このように、ストレスが大きな原因になっているのです。
ですので、日頃からストレス解消のために、自分で工夫していくことが大事です。
不安や緊張感が強いのでしたら、家族や友人など、身近な人に自分の悩みを打ち明け、一緒に改善させていく方法を考えてもらいましょう。
また、趣味に没頭したり、ストレス解消に運動をするなどして、少しでも気持ちを軽くする方向に自分を持っていくようにしましょう。
ゲップを完全に止めることは不可能ですが、そうすることで改善出来ますので、試してみてくださいね。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク