ゲップが出ない ストレス

ゲップが出ないのはストレスと関係ありますか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「ゲップが出ないのはストレスと関係ありますか?」というテーマでお話をしていきたいと思います。
ゲップは、体内に溜まった空気やガスが体外に排出される現象です。
人は、食事をする時に、空気もある一定量飲み込んでいます。
また、食後に腸内でガスが発生します。
だから、ゲップが出てくるのは、人間として自然な現象なのです。
ですが、ゲップが出ないような症状も見られることがあります。
このゲップが出ないのは、ストレスと関係があるのでしょうか?
答えは、「イエス」です。
この症状の場合、呑気症になっている可能性があります。

スポンサーリンク

人は唾液を飲み込むと空気も飲み込むのですが、緊張状態が続いたり、強いストレス下に置かれれると、頻繁につばを飲み込むようになります。
その結果、大量の空気が体内に溜まってしまい、お腹が張ったり、胃に不快感を感じるようになります。
また、ゲップが出なくなる、吐き気を感じる、食欲不振になる、ゲップを多発してしまうなど、様々な症状が現れます。
私も、呑気症を体験したことがありますが、ゲップが全然出なくて、お腹には膨満感があり、気持ちが悪かったです。
溜まった末に、突然出たのですが、新幹線の中で、近くにいた乗客が一斉に、こちらを見たので、恥ずかしかったです。
このように精神的なストレスが原因でゲップが出なくなることがあるのです。
この場合、根源となる緊張やストレスを取り除くことが改善策となります。
日頃からどんな状況でストレスを受けるのか、見直してみてください。
仕事で受けているストレスですと、解決するのが難しい場合が多いですが、自分が楽になる考え方やストレスを軽くする方法を見つけて行きましょう。
また、家族や身近な人に相談して、一緒に解決策を考えてもらいましょう。
1人で何でも背負っているのは、精神衛生上、よくありません。
どうぞお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク