ゲップが止まらない 胃痛 原因 治し方

胃痛があって、ゲップが止まらない症状の原因と治し方

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「胃痛があって、ゲップが止まらない症状の原因と治し方」というテーマでお話をしていきたいと思います。
胃が痛くて、ゲップが止まらなくなったら、誰だって、何か病気にかかっているんじゃないか、どうしてだろうと思いますよね。
このような症状が起こっている場合は、逆流性食道炎になっている可能性があります。
逆流性食道炎は、何らかの原因で、胃酸が逆流して、食道に炎症が起こってしまう疾患です。
この炎症が起こると、胸焼けを感じます。
主に胸の下の方に不快感や胸が締め付けられるような痛みや重い感じがするのです。
それと、ゲップがとまらなくなります。
このゲップと共に酸っぱいものがこみ上げて来ることもあります。

スポンサーリンク

人によっては、胃もたれの症状も現れます。
逆流性食道炎は胃に入れた食べ物を消化して、腸に送り出す機能が低下しているために起こります。
主に、近年の日本の食生活が肉類や脂肪を多く含んだ食生活に変化したことが原因とされています。
脂肪を中心にした食生活ですと、胃が刺激を受けることが多くなるので、胃酸が過剰に分泌され、逆流性食道炎が引き起こされるのです。
また、食べ過ぎ、飲み過ぎ、アルコールやコーヒー、香辛料の摂り過ぎも原因となります。
ですので、逆流性食道炎を治したかったら、食生活を改める必要があります。
それから、高齢になると、胃の機能が低下してくるため、胃酸が逆流しやすくなります。
発症した場合は、病院で受診し、胃酸の分泌を抑える薬を処方してもらうようにしましょう。
このように、逆流性食道炎の原因は色々とありますが、通院すると同時に、普段から、アルコールやコーヒーの摂取などは少なめにし、肉類、脂肪分中心から魚や野菜中心の食生活に変えるようにし、治していくように気をつけてくださいね。
どうぞお大事になさってください!

スポンサーリンク