気持ち悪い げっぷ 原因 対処法

げっぷが出て気持ち悪い原因と対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「げっぷが出て気持ち悪い原因と対処法」についてお話をしていきたいと思います。
ゲップが出て止まらない、胃が重い感じがする、ムカムカして吐き気がする等、気持ち悪い状態は誰でも経験したことがあるのではないでないでしょか?
この症状は、胃もたれなのですが、出来たら避けたいところです。
どうして胃もたれが起こるのか、一緒に探っていきましょう。
胃もたれの原因
胃もたれは、揚げ物やお肉など油分の過剰摂取、暴飲暴食、ストレスや不規則な生活、加齢等が原因で起こります。
揚げ物やお肉には脂肪分が多く含まれるため、消化するまで時間がかかりますし、一度に多くの量を食べたり、飲んだりすると、消化不良を起こすのです。
それと、若いうちは多少、暴飲暴食をしても胃のぜん動運動が活発なので消化出来ますが、年齢を重ねると、胃のぜん動運動が弱まるのでどうしても消化不良を起こしやすくなります。
また、自立神経と胃のぜん動運動とは、密接な関係があり、ストレスや不規則な生活をして自律神経が乱れると、結果としてぜん動運動も上手くいかなくなるのです。
そして、消化不良が起きて、胃もたれになってしまうのですね。

スポンサーリンク

このように胃もたれが続いて、辛いようでしたら、病院に行ってお薬を処方してもらうのが一番ですが、時間が無い場合は市販薬で対処することができます。
第一三共ヘルスケアのガスター10は、胃酸の分泌を抑える成分が入っていますが、消化に必要な胃酸は抑えないので、安心して使えます。
胃の粘膜を保護して、胃の痛みやもたれを改善してくれます。
ですが、薬の服用と同時に、胃もたれの原因に対処していくことが大事です。
1.よく噛んで食べる。
お食事の際にはよく噛んで食べるように気をつけましょう。
そうすることで、早食いを防止できるので、胃に入る量が多すぎないようにコントロールすることが出来ます。
2.ストレス解消をする。
ストレスが原因で胃もたれが起こっているケースが多いので、ストレス解消を試みましょう。
毎日のお仕事や育児でストレスを感じている場合は、なかなか改善することが難しいですが、仕事の同僚や家族など周囲の人に相談し、一緒に改善策を考えてもらうことが大事です。
なんでも1人で抱え込んでいるのは、精神衛生上、一番良くないので、気をつけてくださいね。
どうぞお大事になさってください!

スポンサーリンク