ゲップが出ない 原因 対処方法

ゲップが出ない原因の対処方法

スポンサーリンク

ゲップは溜まったガスや空気が口腔内を通り、外に排泄される現象であり、通常は逆流を防ぐために筋肉が硬直していますが、胃の内圧が高まることで逆流を防ぐ筋肉の緩みが発生してゲップが出てきます。
ですが、ゲップが出ない症状に悩まされている場合、原因としてはストレスが影響している場合をはじめ、病気が潜んでいる場合を挙げることができます。
原因の1つには、ピロリ菌の感染である慢性胃炎であり、その他、ストレスによって腸の働きが弱まる過敏性腸症候群などの病気、さらに胃の内圧が高まるはずの胃の位置自体が下がってしまい、働きを阻害してしまう胃下垂などを挙げることができます。
また、悪玉菌による腸内のガスが稀に口から排出される場合がありますが、基本、食事や会話などによる空気が口から排出されるため、ニオイがしないのも特徴の1つです。
万が一、強烈なニオイが発生するゲップが出る場合、腸内の詰まりが原因となる腸閉塞によって出ない場合も挙げられます。

スポンサーリンク

さらにゲップが出ない病気の原因は、現代病とも言われている不規則な生活が影響している場合が多く、通常は早食いや大食漢である飲み食いによって大量の食べ物が胃に流れます。
消化機能が満足に働かないためにガスが発生しやすくなり、ゲップとして排出されるのですが、身体の異常機能によって溜め込んだまま排出されずに、いわゆるガス溜まりとして身体の中に蓄積されてしまいます。
お腹が張ったような状態でありながら、ゲップが出ない場合、腸内でガス溜まりになっている場合が多く、腸をガスの塊が圧迫してしまい便秘に繋がったり、悪玉菌の発生率を高め、さらなる病気を作り出してしまいます。
対処方法としては恥ずかしがらずにゲップを出すことで、むやみやたらに止めないことや、ガス溜まりを解消するために横になってコロコロと転がり、腸を適度に刺激することが大切です。
ですが、お仕事をされている方は会社でゲップを出すことが難しい場合も多いと思います。
そういう場合は、一度医療機関を受診してご相談されることをおすすめします。
お薬を処方してもらい、その上でストレスを解消する方法を自分なりに見つけて行くことが大切だからです。
自分にあったストレスの対処方法は沢山あるはずです。
好きな趣味に没頭したり、かんたんなウォーキングや水中歩行、水泳を得意とされる方でしたら、週何回かスイミングをされるとストレスを解消することが出来ます。
このように、ストレスフリーの生活を送ることができるように努め、改善できない場合には医療機関を再度受診して自分にあった対処方法を見つけていくようにしましょう。

スポンサーリンク