げっぷ 出ない 苦しい 原因 対処法

げっぷが出ない、苦しい症状の原因と対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「げっぷが出ない、苦しい症状の原因と対処法」というテーマでお話をしていきたいと思います。
人は食べ物を食べたり、飲んだりすると一緒に空気も飲み込んでいます。
そして、空気がある一定量溜まると、体外に排出される現象がげっぷです。
だから、げっぷをすることは人間として自然な現象なのですが、何かが原因で、全然げっぷが出せなくなり、苦しく感じる事があります。
この場合、呑気症になっているのかもしれません。
実は、私がそうだったのです。

スポンサーリンク

子供の頃、家庭内の環境にストレスを感じている時期があり、ある時を境にげっぷが出なくなり、お腹に空気が溜まっているような苦しい感じがしていました。
自分ではその時、どうしてなのか、分からなかったのですが、大人になってから、あるお医者様に相談して、呑気症だったことが分かったのです。
このように、呑気症は、ストレスが原因でなってしまうのです。
人は緊張したり、ストレスを感じると無意識に奥歯を噛み締めたり、唾液を何度も飲み込んでしまうのですが、そのために胃にたくさんの空気が送り込まれ、胃に不快感を覚えたり、お腹に膨満感を感じます。
この場合、普段から何にストレスを感じているのかを突き止める必要があります。
ストレスの原因が分かって、自分なりに解消法を見つけることができれば、呑気症は自然と治っていきます。
仕事でストレスを感じている場合は、なかなか解決することは難しいですが、自分1人で抱え込まず、信頼できる友人や家族に相談し、一緒に解決策を考えてもらうようにしましょう。
また、早食いをする癖があると、空気も多量に飲み込んでしまいますので、お食事の時には、よく噛んでゆっくり時間をかけて召し上がるように注意してみてくださいね。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク