母乳 ゲップ

母乳をあげた後のゲップのさせ方

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「母乳をあげた後のげっぷのさせ方」についてお話をしていきたいと思います。
子供が生まれて、待ちに待った赤ちゃんとの対面!
赤ちゃんのお世話は幸せで一杯ですが、思っていたよりも大変なことや分からない事があります。
母乳を上げた後の赤ちゃんのげっぷのさせ方もきっとその一つですよね。
今回は、どうして赤ちゃんにげっぷをさせる必要があるのか、またそのやり方についてお伝えしていきます。
どうして赤ちゃんにはげっぷをさせるのですか?
新生児は授乳の際に、母乳と一緒に、空気も飲み込んでいます。
ところが、お腹に空気が溜まっても赤ちゃんは自分で出すことがまだ出来ません。
そのままにしておくと、飲んだミルクと空気を一緒に吐き出してしまうことが起こります。
だから、お母さんが、ゲップをさせて、身体に溜まった空気を外に出してあげるのです。

スポンサーリンク

ですが、大体、生後3〜4ヶ月経つと空気を飲み込まずに上手に母乳を飲む方法を自分で習得していきます。
そして生後5〜6ヶ月目になると空気を飲み込んでも、自分で体外に出す事が出来るようになります。
ですので、お母さんがゲップをさせるのは、生まれてからほんの数ヶ月だけなのです。
赤ちゃんにゲップをさせる方法
タオルやハンカチを肩に置いたら、赤ちゃんの顔が自分の肩に来るように乗せます。
赤ちゃんのお尻を片方の手で支えたら、もう片方の手で赤ちゃんの腰や背中をトントンと軽く叩くか、さすってあげます。
または、
赤ちゃんを膝の上に座らせたら、片手をあかちゃんの脇に入れ、上半身を起こしたままにします。
そして、赤ちゃんの腰や背中をトントンと軽く叩いたり、さすってあげます。
こうすると、母乳を飲んだ後、空気が溜まっても、自然とゲップが出てきます。
ご自分のやりやすい方法でやってみてくださいね。

スポンサーリンク