ゲップの種類

ゲップの種類について

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「ゲップの種類について」お話をしていきたいと思います。
皆さんは、ゲップがどうして起きるのか、ご存知ですか?
どういう時にゲップが出るか、種類分けしてみました。
1.食べ過ぎるとゲップが出る。
暴飲暴食したり、早食いをすると、いつもより多めの空気を飲み込んでしまうため、ゲップが多く出てきます。
ですので、お食事の時には、ゆっくりと時間をかけて食べるようにしましょう。
また、食事の量は腹八分目にするとゲップが多発するのを抑えることが出来ます。
2.炭酸水やビールを飲むとゲップが出る。
炭酸を飲むとどうしてもゲップが出やすくなります。
ゲップが出るのを抑えたいのでしたら、炭酸の入った飲料は控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

3.胃の調子が悪いとゲップが出る。
胃の調子が悪いと、腸内の善玉菌も減っていますので、消化不良になり、ガスが溜まりやすくなるので、ゲップがたくさん出ます。
また、胃酸が逆流してゲップが出やすくなる場合もあります。
これは逆流性食道炎になっているからなのですが、食べ過ぎ、飲み過ぎ、アルコールや香辛料等の刺激物の摂り過ぎが原因と言われています。
また、揚げ物やお肉など油っこい食品を多く食べている場合やストレスが原因で胃の機能が低下している場合も考えられます。
主な症状は、胸焼け、ゲップ、吐き気、ゲップが出そうで出ないなどです。
この逆流性食道炎になったら、病院を受診し、お薬を処方してもらうことが出来ますが、食生活を変え、ストレス解消をする工夫が大事になります。
どうぞお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク