ゲップが多い 病気 薬

ゲップが多い病気と服用する薬

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「ゲップが多い病気と服用する薬」についてお話をしていきたいと思います。
人はお食事をするときに、食べ物や飲み物と一緒に空気も飲み込んでいます。
そして、空気が体内に溜まると、ゲップとして排出されます。
だから、ゲップをすることは自然な現象なのですが、ゲップが多いと何かの病気になっている可能性があります。
特にゲップが増えてきて、胃が痛い、吐き気や胸焼け、口臭がきつい等の症状が伴うのであれば、胃酸過多症が考えられます。
胃酸過多症とは、名前の通り、必要以上に胃酸が多く出ている状態を指します。
正常な場合、胃酸は食べ物を消化するときのみ、分泌されますが、胃酸過多症になると、食べ物がなくても胃酸が出てきます。
どうして、このような症状が現れるのでしょうか?

スポンサーリンク

胃酸過多症は香辛料やカフェイン、アルコールなどの刺激物を多く摂取している場合やストレスが多く、緊張状態が続いている場合などに発症します。
香辛料、カフェイン、アルコールなど刺激物を摂ると、どうしても胃酸の分泌が盛んになります。
また、ストレスを感じて緊張状態に置かれると、自立神経の内の交感神経の働きが活発になるのですが、そうすると今度はバランスを取ろうとして副交感神経の働きも活発になるのです。
副交感神経の働きが活発ですと、胃酸の分泌が増えるので、胃酸過多になるのです。
ですので、胃酸過多症を治すには、刺激物を控えることが大事です。
そして、消化の良い物を食べるようにし、胃酸の分泌を抑えるマグネシウムやカルシウムを加えるといいでしょう。
また、普段から何が原因でストレスを感じているのかを突き止め、なるべくストレスを解消するように心がけましょう。
ストレッチ体操をしたり、趣味に没頭する、音楽を聞くなど、自分にあった方法を見つけていけばいいのです。
胃酸の分泌を抑える薬を服用したい場合は、病院や薬剤師さんに相談すると良いでしょう。
ガスター10などのH2ブロッカー胃腸薬は効果がありますが、便秘になったり、白血球が減少するなど、副作用が見られる場合がありますので、注意が必要です。
どうぞお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク