生理前症状 ゲップ

生理前症状で出るゲップについて

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「生理前症状で出るゲップについて」お話をしていきたいと思います。
生理前には、訳もなくイライラしたり、気分が落ち込む、ゲップが多く出るなど、原因不明の症状に悩まされる人が多いです。
これは、月経前症候群(PMS)のしわざということが分かってきました。
月経前症候群とは?
月経前症候群は、生理が始まる3日〜10日に現れる症状です。
原因は、主に黄体ホルモンやセロトニンの欠如が要因とされています。
・黄体ホルモン
生理前には黄体ホルモンが分泌され、身体の代謝に影響を及ぼします。
そのため、体調が不安定になるのです。
・セロトニンの欠如
セロトニン(脳内物質)が欠如すると、精神状態が不安定になり、イライラしたり、情緒不安定になります。
主な症状
月経前症候群になると、症状で分かります。

スポンサーリンク

主な症状は次の通りです。
・肩こりや頭痛がする。
・息苦しい。
・胸が張る。胸が痛い。
・胃が痛い。
・ムカムカする。ゲップが多く出る。
・腰痛
・腹痛
・食欲が無い。
・だるくて倦怠感を感じる。
・頭痛
・気分が落ち込む。
・イライラする。
・熱っぽい。微熱がある。
などです。
このように、月経前症候群になると、ゲップや吐き気、胃もたれの他にも色々な症状が現れます。

症状が酷い場合は、婦人科を受診し、低用量ピルを処方してもらうなど、治療を受けることも可能です。
また、ストレスを溜めないように、軽い運動を日課にしたり、ビタミン類やミネラルが豊富な食生活を心がけ、この時期を乗り切っていくようにしましょう。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク