吐き気 ゲップが出ない 原因 対処法

吐き気があってゲップが出ない症状の原因と対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「吐き気があってゲップが出ない症状の原因と対処法」についてお話をしていきたいと思います。
人間は、食べ物を食べたり、飲んだりする時に、空気も一緒に飲み込んでいることをご存知ですか?
体内に溜まった空気は、ゲップとして身体の外に排出されていきます。
ですので、ゲップが出るのは、人間にとって自然な現象なのですが、時に、ゲップが出ない、吐き気がする等の症状が出ることがあります。
この場合、呑気症、別名、空気嚥下症になっている可能性があります。
この呑気症とは、何らかの理由で無意識に空気を沢山飲み込んでしまい、胃の中に空気が溜まることから起こる症状を指します。
主な症状は
・お腹の膨満感
・胃の不快感や痛み

スポンサーリンク

・胸の圧迫感
・ゲップやおならがたくさん出る
・ゲップが出ない
などです。
普段から奥歯を噛み締める癖があると、舌が上顎に押し当てられ、唾液が喉に溜まるので、反射的に溜まった唾液を飲み込みますが、その都度、空気も一緒に飲みこんでいるのです。
そのため、知らないうちに、身体に空気が溜まってしまうのですね。
また、ストレスを抱えていたり、緊張状態が続いていると、無意識に歯を噛み締めたり、何度も唾液を飲み込んでしまうため、同じように空気が溜まります。
ですので、呑気症を改善させたいと思ったら、普段からストレスを溜め込まないように気をつけることが大事です。
何か悩み事がある場合は、1人で抱え込まず、親しい友人や家族に打ち明けて、一緒に考えてもらいましょう。
それから、子供の頃から噛みしめる癖が有る方は、顎と口をなるべくリラックスさせるように意識して癖を改善させていきましょう。
姿勢が悪いのも、歯を噛みしめる原因になりますので、うつむき加減で仕事をしていないか、歩く時に猫背気味になっていないかなど、気をつけて生活しましょう。
また、早食いをすると空気を多量に飲み込んでしまいますので、早食いする癖がある人は、ゆっくりとよく噛んでお食事するようにしましょう。
どうぞお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク