生理前 胃もたれ 原因 対処法

生理前に起こる胃もたれの原因と対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「生理前に起こる胃もたれの原因と対処法」についてお話をしていきたいと思います。
生理が始まる3日から10日くらい前に身体や心に不調を感じる症状をPMS(月経前症候群)と言います。
主な症状は、肩こり、頭痛、胸が張る、胃がムカムカする、便秘、腰痛、食欲不振、気分のイライラ等です。
この時期は、精神的に情緒不安定になることもあります。
このPMSが起こる原因は、はっきりとは解明されていませんが、女性ホルモンと密接に関わっていると考えられています。
排卵が終わると黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されますが、妊娠しないと今度は、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が増えます。
この二つのホルモンの変化が、体調や精神状態に影響を与えているのです。

スポンサーリンク

PMSの症状の一つに、胃もたれがありますが、これも生理によりホルモンのバランスが崩れて引き起こされるのです。
また、このPMS(月経前症候群)の影響で気持ちが落ち込むことが多く、そのため胃にも影響が出ているのではないかという見方もあります。
このように、女性でしたら、PMS(月経前症候群)は誰にでも起こるのですが、症状がひどい時には、医療機関にて相談すれば低用量ピルを処方してもらえます。
また、その他の症状によって、抗不安薬や鎮痛剤なども一緒に処方してもらえることがあります。
胃もたれの症状がひどい時には、身体を暖めて安静にするようにしましょう。
そして、症状が治まるまでは、カフェイン、アルコール、香辛料等、刺激物は避けるようにして下さい。
おかゆやおうどんなど、消化のよい食べ物を食べるようにすると身体に優しいのでいいですね。
それから軽いストレッチ体操やウォーキング、ヨガなどの有酸素運動をしたり、十分な睡眠を取るようにし、このPMSの症状を和らげていくように心がけましょう。
どうぞお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク