げっぷがよく出る 原因 対処法

げっぷがよく出る原因と対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「げっぷがよく出る原因と対処法」についてお話をしていきたいと思います。
人は、食事をする時に空気も一緒に飲み込んでいます。
そして体内に一定量の空気が溜まるとげっぷとして排出されます。
だから、げっぷが出るのは、人としてごく自然なことなのですが、げっぷがよく出たり、逆に出なかったりする場合は何か病気が原因しているかもしれません。
げっぷがよく出る場合は、逆流性食道炎にかかっている可能性があります。
この逆流性食道炎とは、胃酸の逆流によって引き起こされます。
食道は口から入れた食べ物を胃に送る役割を果たしています。
そして食道と胃に間には下部食道括約筋があり、食べ物を飲み込む時に開いて胃に送ります。
胃には胃酸と胃液が分泌されていますが、酸から粘膜を守る機能が働いているので通常問題はありません。

スポンサーリンク

ところが、何らかの原因で胃酸が食道へ逆流すると食道には、胃酸から粘膜を守る機能がないため、炎症を起こしてしまうのです。
そして、このような逆流が継続して起こると食道の粘膜に潰瘍やただれが出来てしまいます。
この症状を逆流性食道炎と言います。
逆流性食道炎になると、胸焼け、呑酸、嘔吐、喉のイガイガ、咳等の症状が現れます。
そして夜よく眠れなくなったり、気分が冴えない、仕事に支障をきたすなど、問題が生じます。
その原因は主に、甘い物や揚げ物、肉類など脂っこいものを食べている、タバコやアルコールを摂取している、職場や家庭でストレスを感じているなどです。
甘い物や脂っこい物などを日頃から多く食べていると、胃酸が多く出るため、逆流が起きやすいのです。
それから、タバコや飲酒は逆流性食道炎を誘発しますし、ストレスは食道の機能を低下させてしまうのですね。
また、加齢や肥満なども逆流性食道炎の要因となります。
ですので、日頃からげっぷがよく出る症状が続くと思ったら、何が原因なのか振り返り、自分に当てはまる事柄を改善させていきましょう。
どうぞお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク