ゲップが出ない 大人

大人の方に多い、ゲップが出ない症状の原因と対策について

スポンサーリンク

食事を食べたり炭酸飲料を飲んだ後には、多くの方はゲップが出ます。
ですが、希にゲップが出ない方や出せない方もいらっしゃいます。
子供の頃から大人になるまで、全く自分の意思で出したことがないという方もいらっしゃいます。
ゲップというものは、胃の中に溜まったガスを口から排出させる方法です。
多くの方は意識的にゲップを出そうとしなくても、自然に出すことができます。
ですがゲップが出ない、またはゲップを出すことができないという方の原因には、様々な理由があり何らかの病気である可能性も考えられます。
子供の頃には自然に出すことができていたにもかかわらず、大人になってから急に出すことができなくなったという方は、ストレスが原因である可能性が考えられます。
また胃や食道などに異常がある可能性もありますので、早めに医療機関で検査をしてみることも大切です。
このように、ゲップは自分の健康を判断するための目安にもなりますので、急に出にくくなったり出過ぎてしまうことがないか、習慣的にチェックすることが重要です。

スポンサーリンク

ゲップが出ない方の多くは、お腹が張ってしまう症状を訴えることが多いです。
また、おならがよく出るようになる傾向にもあります。
口からゲップが出ないことによってガスがお腹の中で溜まってしまい、お腹が膨らんでしまいます。
それによって、肛門からガスがでやすくなってしまうのです。
ですが、おならはいつでもどこでも人前で出せるようなものではありません。
ですから我慢をしてしまう方がたいへん多いのです。
我慢をすることによってどんどんお腹の中にガスが溜まっていき、酷い場合ですとたいへん息苦しくなってきます。
ですから、もしゲップやおならを出すことができない状態の時には、医療機関にかかることで整腸剤を処方してもらうことができますので、腸を正常化させることによってガスの発生を抑えることができ、膨満感を軽減させることができます。
また、精神的なストレスが原因である場合には、精神安定剤なども処方してもらうことができますので、薬の力に頼って改善させることがベストです。

スポンサーリンク