胃潰瘍 しゃっくり

しゃっくりが続く場合、胃潰瘍の疑いがありますか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「しゃっくりが続く場合、胃潰瘍の疑いがありますか?」とテーマでお話をしていきたいと思います。
皆さんは、どうしてしゃっくりが起こるか、ご存知ですか?
しゃっくりは、何かが原因して、横隔膜が痙攣し、起こります。
横隔膜は肺の下にあり、呼吸運動をするために重要な役割を果たしています。
この横隔膜が刺激を受けると規則正しい呼吸が出来なくなり、痙攣する度に空気が吸い込まれます。
そしてしゃっくりが起こるのです。
横隔膜が痙攣する原因には、早食い、アルコール、香辛料などの刺激物の過剰摂取、ストレス、病気などが挙げられます。
脊髄や脳の病気、心筋梗塞、食道・胃・肺などの腫瘍や炎症、アルコール中毒などもしゃっくりが止まらなくなる原因となりますので。注意が必要です。

スポンサーリンク

胃潰瘍の場合ですと、他に症状として、食欲不振、空腹時に胃が痛い、胃がもたれる、吐き気がする、背中が痛いなどが現れますので、併発している場合は疑いがあります。
ただし、この場合、しゃっくりは48時間以上、1ヶ月以内持続しますので、これを目安にしてください。
急性胃潰瘍は、精神的ストレスやアルコール、コーヒ、タバコ等刺激物の摂取が原因で発症します。
悪化すると、上に挙げたような症状が突発し、長引くと慢性胃潰瘍になる可能性もありますので、気をつけましょう。
また、ピロリ菌感染により、胃の粘膜が炎症を起こし、そこに胃酸が入って来て胃潰瘍になる場合もあります。
このように、しゃっくりが多い原因には、色々とあるので、特定出来ませんが、ストレス発散を心がけ、普段からウオーキングやジョギングをするなど、適度な運動をするようにしましょう。
また、健康な食生活をするように気をつけ、早食いや大食いは避けるようにしてください。
それからなるべく早めに病院にかかり、適切な治療を受けるようにしましょうね。
どうぞくれぐれもお大事になさってください!

スポンサーリンク