新生児 ミルク ゲップ させ方

新生児にミルクを上げた後のゲップのさせ方

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「新生児にミルクを上げた後のゲップのさせ方」についてお話をしていきたいと思います。
今、育児中のご両親にとっては、生まれたばかりの新生児がお食事の度にゲップを上手くしてくれないと気になってしまうと思います。
または、これから赤ちゃんが生まれるという方にとっても、生まれてくる新生児に上手くゲップをさせてあげられるか、心配になることでしょう。
ここでは、どうして赤ちゃんにはゲップをさせることが必要なのか、そして具体的なゲップのさせ方についても説明していきます。
・赤ちゃんはどうしてゲップをさせなければならないの?
ゲップは、胃の中に溜まったガスや空気が口から排出される現象です。
人は、この排出を自然に行うことが出来ますが、まだ新生児の場合ですと、自分でゲップをすることが出来ないのです。
そして、ゲップをしないでいると、せっかくミルクを飲んでも胃に貯めることが出来ず、逆流して口から吐いてしまうのです。
ですので、ミルクを消化出来るようにゲップをさせてあげることが大事なのですね。

スポンサーリンク

赤ちゃんにゲップをさせてあげるように気をつける期間は、生後5〜6ヶ月です。
期間はまちまちですが、首が座る頃になると自分で空気を飲み込み過ぎないように気をつけながらミルクが飲めるようになります。
それでは、ここで、ゲップのさせ方をお伝えします。
・椅子に浅めに腰掛けて下さい。
・そして肩にタオルを乗せ、赤ちゃんを縦に抱っこしてタオルを乗せた方の肩に赤ちゃんの顔が来るように乗せます。
・赤ちゃんのお尻を片方の手で支えて、もう片方の手で背中を下から上へさすっていきます。
軽く背中を叩いて上げる方法でもいいです。
・約5分間位このやり方で試してみてください。
たまに、ゲップが出ない時もありますが、やり過ぎはよくないので、そういう場合は、諦めて自然に出てくるのを待ちましょう。
ゲップをさせてあげる時期は、5〜6ヶ月という短い期間ですので、ストレスにならないよう、成長を楽しみながら頑張っていきましょうね。

スポンサーリンク