ゲップが止まらない 吐き気 対処法

ゲップが止まらない時や吐き気の対処法

スポンサーリンク

ゲップが止まらない時は、胃の動きがあまり良くない事でガスが発生しやすくなっている可能性があります。
胃の中にある食べ物からガスが発生し、それがゲップとして口から出てきます。
胃の動きが低下する原因は暴飲暴食の他に、ストレスによる場合が多いです。
また、食べ物や飲み物と一緒に空気が入り込む時もありますが、それくらいでは困るほどのゲップが止まらないような症状になる可能性は低いので、空気が入りやすい食べ物や食べ方をしない対処法をしてみましょう。
食事の時では無く、日頃から歯ぎしりをしてしまう癖がある方はその際に空気を飲み込んでしまっているケースがあります。
また、ストレスによる呑気症という歯を噛みしめる症状でしたら、唾液を飲み込む時に空気も飲み込んでしまうのでゲップが止まらない事があります。
自分で出来る対処法は歯ぎしりや噛み締めの癖をしないように気をつける事です。

スポンサーリンク

ゲップが止まらないだけでは無く、吐き気がある場合は逆流性食道炎の可能性があります。
以前は高齢者に多い症状でしたが、最近では若い年齢の方にも増えています。
食道と胃の間にある筋肉の低下が原因とされますが、脂肪分の多い食事をしても筋力に影響します。
また、便秘や胃酸が増える事でも症状が出る場合があります。
数日は消化の良い食べ物を食べるようにしたり、量を少なくするなどの対処法をしましょう。
他にも胃の病気でもゲップが止まらない症状や吐き気があります。
喉が痛いとか口の中が苦く感じる、酸味が強いなら胃酸が出すぎている可能性が高いです。
胃酸の量を正常にするような市販薬もありますが病院で検査してもらうと安心です。
ゲップの時に口臭が強くなったり硫黄のような口臭がするなら胃が弱っている可能性があり、食道や肝臓の調子が良くない事もありますので早めに病院で検査をしてもらいましょう。

スポンサーリンク