ゲップが出ない 苦しい 対処方法

ゲップが出ない苦しい時の対処方法

スポンサーリンク

ゲップとは体の中にたまったガスや空気が食道を通って体外に排出される生理現象です。
性別・年代を問わずに生きていれば誰でもゲップをします。
そんなゲップが出ない時は苦しいと感じるでしょう。
ゲップが出る原因は、炭酸を摂取したことによるもの、ガスが発生しやすい食事によるもの、食事の際に同時に多量に飲み込んだ空気によるもの、病気によるものなど様々です。
ゲップや胃痛は胃の機能低下により引き起こされ、消化に用いる胃酸が大きく関わってきます。
胃酸の分泌が少なくても多くても胃の機能は低下してしまいます。
胃酸が少ない場合は、胃を休ませるために消化の良い食事をして、胃の働きが元に戻るのを待ちます。
逆に胃酸の分泌が多いときは水分を多めに摂取して増えすぎた胃酸を薄めるようにすることが有効です。
ゲップの回数が多いと感じている方は、胃の状態を気にしてみて下さい。
ゲップが出そうで出ない時、胸やけがしたり、吐き気を催すことがあります。
どうしてもゲップが出ない時、苦しい時の対処方法はおなかに力を入れて喉を開く、または思い切り息を吸い込み喉から吐き出すとゲップが比較的簡単にでます。
しかし、コツがあるため慣れない方では難しいかもしれません。
そんなときは息を止めて、自然とガスが喉まで上がってくるのを待ってゲップをするのが良いでしょう。
あえてコカコーラなどの炭酸飲料を飲んで意図的に体内にガスを溜め、まとめてゲップとして排出するという手もあります。

スポンサーリンク

また、ゲップも体内に溜まったガスのため、オナラとして排出するのも対処方法の一つです。
ゲップが出ない原因は不規則な生活にもあります。
早食い・大食いで大量の食物を摂取した場合、消化不良でガスが発生しやすくなり、溜め込んだガスが排出されずに体の中に蓄積されてしまいます。
ゲップが出ずに苦しいと感じている方は、よく噛んで食事をして腹八分を心掛けるようにしましょう。
また、呑気症にかかっている事が原因になっている場合もあります。
呑気症は主に精神的ストレスが原因で起こる疾患です。
ストレスが原因で多量の空気を飲み込んでしまい、ゲップやオナラが多量に出たり、逆に腹部膨満感を感じてゲップを出すことが出来ず、動くことも難しい状態になる場合があります。
この場合、まずストレス解消に務める事が何よりも大切です。
お仕事や家事で普段からストレスが溜まっていらっしゃる方、また学生さんで学校の生活に溶け込めずに悩んでいらっしゃる方は、心を許せる友人やご家族に自分の悩みを聞いてもらうようにしましょう。
それが難しい場合は、カウンセラーに話を聞いてもらい、より良い解決策を探していくことも良い対処方法です。
また、身体を動かすと自然とストレス解消に繋がる事が多いですので、かんたんなウォーキングやジョギング、水泳など週に2,3回取り入れてみましょう。
気がついたら、ストレスが改善されて、ゲップが出ない苦しい症状が改善されているケースも多いのです。
自分は一人ではない、辛い時には寄りかかれる人がいるということに気づいて、少しずつ辛いストレスを解消させていきましょうね!

スポンサーリンク