ゲップが止まらない 原因 ストレス

ゲップが止まらない状態はストレスが原因でもある

スポンサーリンク

ゲップと聞くと汚いイメージを持ちますが、この現象は胃の中に溜まった空気やガスを口から排出する音からとった言葉です。
例えば満腹になるまで食事をとった場合や、コーラやサイダーなどの炭酸飲料やビールを飲んだ後に出る人が多いと思います。
体の機能としては正常な行いですが、人前では不快な思いをさせてしまうために音を立てないでするようにしましょう。
しかし、中にはゲップが止まらない症状に悩みを抱える人が存在します。
この原因については飲食によって起こるものではなく、様々な理由があるのです。
胃腸の機能低下によるものや食事の時に一緒に飲み込んだ空気、中には病気により胸焼けを伴う場合もあります。
そして意外と思いますがストレスが原因でゲップが止まらない人がいるのです。
実はこの現象は体の異常や病気を引き起こすサインでもあるためご注意ください。

スポンサーリンク

ゲップが止まらない原因が仮にストレスだとした場合、どのような方法で対処すればいいのでしょうか。
薬を飲んで症状を抑える場合、抗うつ薬を服用してストレスを緩和させる方法があります。
他に病院によってはカウンセリングを行い、悩みなどを解決することによりストレスの原因を取り去る方法があります。
この時反対にやってはいけない方法とは、唾液や水を飲むことです。
胸焼けが発生して抑えるために水分を飲む場合は、水ではなく牛乳などの乳製品を飲むようにしましょう。
しかし、中には原因であるストレスをすぐに取り除くことのできない人もいます。
そんな時は自分なりの方法で体がリラックスできる状態を作る方法を取るとよいです。
例えば好きな音楽を聴くとか、お風呂にのんびり浸かる、マッサージを受けるなどといった自分でリラックスできる状態にすることでも効果を発揮します。

スポンサーリンク