妊娠初期 つわり ゲップ

妊娠初期のつわりに伴ってゲップが増えることがあります

スポンサーリンク

妊娠初期のつわりの時期には、食欲不振や吐き気といった症状と共にゲップが増えることがあります。
この時期には、ホルモンの影響でお腹が張ったりガスが溜まることが多くなり、消化機能も衰える傾向があるのです。
吐き気や胃の不快感などがあると、ゲップも多くなります。
この時期には冷たい飲み物などの口当たりの良いものを食べる傾向が出てきますので、胃腸にさらに負担をかけてしまうことがあるわけです。
この時期に食欲が出てくる方の場合には、食べ過ぎからゲップが増えてくることもあります。
また、妊娠初期に起こりがちな自律神経の乱れも消化機能を低下させてゲップを増加させることがあります。
交感神経と副交感神経の切り替えが上手に出来なくなると、便秘も生じやすくなり、腸内ガスも溜まりがちになります。
スムーズな流れが滞ると胃の働きにも悪影響を与えますので、その結果つわりの症状を悪化させてしまうこともあるわけです。
このような様々な問題が絡みあっているのが妊娠初期と言えます。

スポンサーリンク

こういった妊娠初期を乗り切るためには、一定の工夫が必要になります。
まずは食生活を見直して、バランスの良い食事がとれているかどうかを確認することが必要です。
冷たいものなどは極力控えて、胃腸を温めるような食事をとるように心掛けることが大切になります。
ストレスの抱えすぎはつわりにもマイナスになるため、適宜リラックス出来る時間を設けて自律神経のバランスを整えることが求められるのです。
症状がひどい時には、医師に相談します。
ゲップは、精神的な要因から生じていることもあります。
心身のバランスを崩しやすい妊娠初期の場合には、特にストレスなどから症状が現れることも考えられるのです。
ホルモンが大きく変化している時期であるため、体の機能が対処しきれないといったこともあります。
ですので、この時期には特に焦らずに気長に生活をすることがポイントとなります。
食事や生活習慣を見直すことで、症状が改善することも多々あるのです。

スポンサーリンク