臨月 げっぷ

臨月の時のげっぷは胃腸のもたれに注意

スポンサーリンク

妊娠して36週0日から39週6日の時期を臨月といいます。
おなかも大きくなりそろそろお産の準備をしておく時期でもあります。
おなかが大きくなり、胎児がおなかの下に下がってくることで胃腸を圧迫して胸やけやげっぷが出やすくなる時期でもあります。
臨月は栄養を非常に必要とする時期なのですが胃腸を圧迫してしまうことで十分に栄養が取れていないという状況になりがちであり、胸やけやげっぷが出た時は胃腸への圧迫を少し意識し、姿勢などを気をつけて生活する必要があります。
横になった時などにこの症状が出やすいので普段の何気ない姿勢を改善していくといいでしょう。
意識するのと意識しないのとでは随分と症状の起こり方に差が生まれますので日頃の姿勢を意識して生活してみるといいでしょう。
自然と栄養を受け付ける体調になり、よりよい出産が望めます。

スポンサーリンク

妊娠をすると、どうしてもつわりなどの症状で胸やけやげっぷがよく出ます。
出産を控えた臨月の時期の症状の出方には特に注意が必要で、栄養を取ることが大事な時期と意識して生活リズム、食事のとり方や普段の姿勢などを特に注意して胃腸のもたれを防ぐ生活を心がけましょう。
十分な栄養がとれないと出産に悪影響が出ますので胃腸のもたれのサインとして胸やけやげっぷを意識してみるといいでしょう。
食事のメニューで塩分が多いなど胃腸をもたれさせる原因にもなりますので食事のとり方もカロリーなどを気にしながら適度な食事を心がけるといいでしょう。
食事のとりすぎはご自身の体重増加につながり、出産時にトラブルになる可能性がありますので特に注意が必要です。
臨月の時期は出産を控え、よりよい安全な出産をイメージして日々の生活を送ることが大切になります。

スポンサーリンク