ゲップ よく出る 原因

ゲップがよく出る原因

スポンサーリンク

人と話しているときにゲップが出そうになって困ることがありますよね。
ここではそのゲップがよく出る原因を説明していきたいと思います。
そもそもなぜ出るのか。
それは体内の空気を外に出すためです。
胃の機能が低下するとその回数も多くなります。
しかし、よく出るというのは病気の可能性もあります。
胃酸のような酸っぱいにおいのものが出たら胃潰瘍の可能性があります。
また同じような症状が出るものに逆流性食道炎があります。
また胃がんができている時にも、そのがんが胃と腸をつなぐ経路を狭めてしまい胃の内圧が上がり出やすくなってしまいます。
他にも呑気症という病気にかかっている可能性もあります。
呑気症とは大量の空気が胃や腸にたまりゲップ以外にも胸やけのような症状が出ます。
止まらないようでしたら一度病院で診てもらうことをお勧めします。

スポンサーリンク

病気以外にもストレスが原因と言われています。
ストレスにより唾液を飲み込む回数が増えてしまい、その結果唾液と一緒に空気も飲み込んでしまい胃に空気がたまってしまいます。
また水を飲むときにも同様に空気が中に入ってしまいます。
中にはゲップが止まらないから止めるために水を飲んだはずが逆に悪化して、さらに水を飲んでしまうという悪循環に陥ってしまうこともあるようです。
また、この結果呑気症になる可能性もあります。
このような症状の時はリラックスするようにしましょう。
ストレス以外にも原因はあります。
食事と同時に空気を飲み込んでしまう、咀嚼の不十分、歯をかみしめるという動きなどです。
ストレスもあまりないのに止まらないという人は、病院に行って診てもらいお薬をもらいましょう。
他にも、食事はしっかり噛むようにする。
炭酸飲料を控える、おなかを冷やさないようにするためアイスクリームなどを食べないようにすることで、ゲップが止まることもあります。

スポンサーリンク