新生児 ゲップ 苦しそう 対処法

新生児のゲップが苦しそうな原因と対処法

スポンサーリンク

生まれたばかりの赤ちゃんを新生児と呼ぶこともあり、夫婦が共に世話をしていくことが多くなっています。
そんな時、新生児がゲップをする際に苦しそうになってしまうことがありますが、その原因についてどんなことが起きているかを説明をしていきます。
比較的多い理由として、新生児は自分でゲップを自由に出すことが出来ないことが多い点が挙げられます。
そのため自分の肺の中で空気が出し切れていないことから、このように苦しそうに見えてしまうことがあります。
また大人に比べて必要以上に空気を吸いこんでしまうことが多いため、それも1つの原因となってしまうことがあります。
さらにまた喋ることが出来ない年齢でもあるため、意思表示をするに至ってもきちんと伝えることが出来ないケースもあります。
なので保護者が育児をする場合において、定期的に体調管理をすることが非常に重要となっています。

スポンサーリンク

新生児は自分でゲップなどをする力やコントロールすることが出来ないため、場合によっては表情が苦しそうに見えることもあります。
そこで自宅でも出来る対処法として、温めたタオルを用意して新生児のお腹に置くという方法があります。
こうすることでお腹や胃腸の機能を促進させることが出来るため、貯まっている空気やガスなどを排出しやすくなります。
ただ新生児の素肌は大人以上に敏感で繊細なものとなっているので、タオルの温めすぎには注意が必要です。
温めすぎると火傷をしてしまうことがあるため、その点に注意をしながらタオルを使っていきます。
またお腹周りを軽くひねることによっても、同様に体に貯まった空気を排出しやすくなることが多いです。
ただ強くやりすぎると痛がって泣いてしまうことがあるため、力加減には十分に注意をすることが大切です。

スポンサーリンク