新生児 母乳 げっぷ

新生児に母乳の後げっぷをさせる方法

スポンサーリンク

げっぷは大人はできますが、赤ちゃんは自分ですることができない行為です。
新生児は母乳やミルクを飲みますが、その際に空気も一緒に飲み込んでしまいます。
その結果、胃の中にある飲んだ母乳やミルクが逆流してしまい、吐いてしまいます。
そうならないためにげっぷは、親が出すことのお手伝いをしなくてはならないことなのです。
新生児のうちは、授乳後寝てしまうことが多く、この時に上手く出ていないと、寝ている間にミルクを吐き出すことがあります。
無理にげっぷを出させることもないのですが、上手く出なくて寝てしまう場合は、横向きにして寝かせます。
なぜなら、上向きに寝かせると、万が一ミルクを吐き出した場合、吐き出したミルクで鼻をふさいだり、口の中へ逆流してしまい窒息の恐れがあるからです。
横向きに寝かせるときには、顔の下にガーゼやタオルを敷いておくと汚れの防止にもなります。

スポンサーリンク

次に、新生児のげっぷの出し方ですが、通常は抱っこして出させます。
抱っこの仕方も様々ありますが、まず「縦抱っこ」が挙げられます。
これは、赤ちゃんを縦に抱っこします。
その時顔は親の肩あたりになるように抱っこします。
赤ちゃんが安定したら、背中を軽くトントンと叩きます。
この時はあまり力を入れすぎないように注意します。
この際に、ミルクを吐くことがありますので、赤ちゃんの顎下にガーゼやタオルを敷いておくと、すぐに対処することができます。
次に「膝抱っこ」がありますが、これは少し大きくなった頃、生後3ヶ月から4ヶ月頃の赤ちゃんを、親の膝の上に乗せて縦に抱く方法になります。
新生児では首が座っておらず、不安定になるのであまりお勧めはできない方法です。
数ヶ月経つと、赤ちゃんは上手に母乳やミルクを飲むことができるようになります。
個人差はありますが、首がすわり、寝返りができるようになる頃に縦抱っこをし、げっぷをさせても出ないことが多くなったら、止めてもいい合図になります。

スポンサーリンク