逆流性食道炎 げっぷ 原因

逆流性食道炎でげっぷが出る原因

スポンサーリンク

逆流性食道炎とは胃酸や一度胃に入った食べ物が食道に向けて逆流してくるという疾患で、胸焼けなどの症状を伴い、悩んでいる人も少なくないです。
食道と胃は繋がっているものなのですが、この両者の間には噴門と呼ばれる境が設けられています。
この噴門は通常は閉じているのですが、食事等で食物が入ってきたりすると開くという仕組みになっています。
この仕組みによって、胃の中の物が食道へ逆流してしまうのを防止しているのです。
しかし時として何等かの理由によって、この噴門がきちんと閉じる事が出来なくなる場合があります。
そうなると食道と胃が常に行き来出来る状態になってしまい、不意の拍子に胃酸や胃の中の物が逆流する事があるのです。
この噴門が長く開いた状態となってしまう理由としては、ストレスの蓄積や腹圧の上昇、胃液の増加等が考えられています。
他にも脂質等の摂り過ぎによって胃の働きが低下すると、その結果として噴門が開きやすくなる事もあります。

スポンサーリンク

逆流性食道炎になった場合の代表的な症状としては、胃や胸の辺りに不快感を感じる胸焼けが挙げられます。
これは多くの患者が体験する症状で、胃酸の逆流が原因となって引き起こされます。
他にもげっぷが多く出るようになる人もいますが、これは空気が通常より多く胃に入り込むのが原因と考えられています。
逆流性食道炎になると口の中に酸っぱい感じがするので、自然と唾を飲み込む回数が増えます。
この唾を飲み込む際に空気も一緒に入り込むので、これが逆流する事でげっぷが発生するのです。
逆流性食道炎の治療方法としては、薬を用いて症状を緩和する対症療法を行なう事が多いです。
この時に使われる薬は胃酸の分泌を抑制する薬、消化管の機能を改善する薬等があり、状態に合わせて使い分けます。
それ以外にも脂質やチョコレートの摂取を控える、肥満の人はその解消に努める等によって症状が改善される事もあります。

スポンサーリンク