げっぷ 止まらない 病気 対処方法

げっぷが止まらない病気の対処方法

スポンサーリンク

通常げっぷとはビールやコーラなどの炭酸飲料を飲んだ時において、一時的に出ることが多い生理現象となっています。
しかし中には中々止まらないといったケースもあり、頻繁に継続する場合においては病気の可能性もあります。
こういったことが継続した場合において、考えられる病気として1つめに胃潰瘍や胃腸炎といった可能性があります。
これらは胃の機能が低下する症状となっており、放置しておくと消化不良や下痢になってしまうことがあります。
その際にげっぷが出てしまうことがあり、中々止まらないといった症状になってしまうことがあるので注意が必要です。
基本的に炭酸飲料などを飲んだ場合においては、数時間もすれば治まることが多くなっています。
しかし1日もしくは数日経過しても治らない時には、これらの病気や症状を発症している可能性があります。
げっぷが頻繁に発症して中々止まらないケースとして、胃潰瘍や胃腸炎といった病気が関係していることがあります。
そうなった場合においては治療が必要であり、胃腸科というクリニックを受診することで検査などが行えることが多いです。
ポイントとして内科や眼科などのクリニックに比べて、数が若干少ないという傾向があります。
そのため住んでいるエリアや地域によっては、胃腸科というクリニックが存在していないことがあります。

スポンサーリンク

その場合における対処方法として、総合病院を受診することで診察や検査などを受けることが可能となっています。
ただ病院を受診する場合においては、クリニックとは異なり予約制となっていることが多いので注意が必要です。
なのでげっぷが中々止まらない場合には受診は可能ですが、事前に電話などで予約をする手間がかかることがあります。
 また、げっぷが止まらない症状の原因に呑気症(空気嚥下症)という病気があります。
この呑気症は人間関係や仕事等のストレスが引き金となって発症します。
人は緊張すると無意識のうちに空気を何度も飲み込む癖があるのですが、その結果、胃の痛み、げっぷ、腹部膨満感、おならなどの症状が現れるのです。
この場合の対処方法としては、原因を解決することが何よりも大切になってきます。
会社の人間関係がストレスの場合は、なるべくその相手と接触しないで済むように上部の人に相談して計らってもらう、または円満に行くように試してみるなどの工夫が必要になってきます。
しかし、そんなに簡単に変えられないから悩んでいるのだし、ストレスにもなっているのですから、信頼出来る友人やご家族に話を聞いてもらい、気持ちを分かってもらうところから始めましょう。
どうしてもそれが難しい場合は、カウンセラーに話を聞いてもらうという対処方法もあります。
人は気持ちを分かってもらうだけで、安堵感が生まれて気持ちが楽になるからです。
それと平行に医療機関を受診して、少しでも症状が改善される治療を受けるようにしましょう。
対処方法を試行錯誤しながら探していくうちに、治っていたという話も良く耳にします。
どうぞ我慢しすぎずに、大事なご自身のお身体や心はご自分で可愛がってあげて下さいね!

スポンサーリンク